鈴木国際特許事務所

事業を成功に導く「見えざる資産」 ─ 知的財産。真に役立つ知的財産の創造および育成を支援するために最大限の叡智を注ぎ込みます。

当事務所は、知的財産の発掘、活用、評価に力を入れています。

事務所理念

知的財産の潜在的価値を究極に高める

事業を成功に導く「見えざる資産」。ヒトないし組織が生み出す知的財産は、見えざる資産の代表格です。競争優位の源泉として、変化対応の源泉として、知的財産にはさまざまな価値が潜んでいます。一つの知的財産が呼んだサクセスストーリも、複数種類の知的財産の組み合わせにより生まれたシナジーやセレンディピティも、私たちは、さまざまな実務を通じて多々経験しております。

鈴木国際特許事務所は、生まれる(生まれた)知的財産にどのような役割が期待されているかを、世の中の動きを把握しつつ、クライアント様とのコミュニケーションを大切にしながらしっかり見極め、その知的財産から、真に役に立つ産業財産権を創設するために、最大限の叡智を注ぎ込みます。

戦わず勝つための戦略サポート

しばしば誤解されますが、特許権、商標権、意匠権等の産業財産権は、争いに勝つためだけに存在するものではありません。争いは、双方とも何かを失うのが一般的です。権利を持つだけでは利益も生まれません。

産業財産権が持つ最も大きな機能は、おそらく、参入障壁の構築による自社事業の有利な展開と、ライセンスによる他社経営資源の迅速な獲得にあると考えられます。参入障壁により市場での過度の価格競争の抑制と事業開始時期のコントロール等が可能になり、他社経営資源の獲得によりその市場における事業(技術)ポートフォリオの最適化が可能になる期待があります。

戦わずして勝つための産業財産権の獲得の仕方、その運用の仕方等についても、鈴木国際特許事務所は適切にサポートします。

社会に役立つ活動

他人の知的財産が蔑ろにされる社会、正当に権利行使する者が悪者にみられる社会、無益な争いが多い社会にならないよう、知的財産制度の啓蒙・活用支援活動を行います。現在、一部のクライアント様、大学等複数の教育機関・地方自治体・有志グループを対象として、このような活動を続けております。

Copyright (C) SUZUKI &COMPANY All Rights Reserved.