鈴木国際特許事務所

事業を成功に導く「見えざる資産」 ─ 知的財産。真に役立つ知的財産の創造および育成を支援するために最大限の叡智を注ぎ込みます。

当事務所は、知的財産の発掘、活用、評価に力を入れています。

弁理士紹介

弁理士

石田 由紀

(いしだ ゆき)

○中央大学法学部法律学科卒業後、平成12年(2000年)弁理士登録。都内特許事務所を経て、平成14年、鈴木国際特許事務所に入所。

○特定侵害訴訟代理人

○主たる担当
機械一般、半導体、コンピュータソフトウェア関連発明の国内外特許業務、訴訟、特許調査。意匠、商標

<コメント>

 皆様の「ひらめき」が特許に結びつくよう、日々精進しております。さまざまな「ひらめき」に、”なるほど〜!”と常に感心させられ、また、特許化された商品が売られていたり、ニュースで取り上げられているのを見て、とっても幸せな気持ちにさせられております。

 何気ない「ひらめき」から生まれることもある「発明」は、「単なるアイデア」では、特許化することができません。特許化するには「ひらめき」を具現化する「からくり」や「仕組み」が必要となります。

「ひらめき」を具現化された皆様のご来所、お待ちしております。
特許出願する前に、ご自身の発明を商品化して販売してしまうと、基本的に権利化することは難しくなりますので、ご注意ください。

Copyright (C) SUZUKI &COMPANY All Rights Reserved.