鈴木国際特許事務所

事業を成功に導く「見えざる資産」 ─ 知的財産。真に役立つ知的財産の創造および育成を支援するために最大限の叡智を注ぎ込みます。

当事務所は、知的財産の発掘、活用、評価に力を入れています。

弁理士紹介

弁理士

藤掛 宗則

( ふじかけ むねのり )

平成17年 弁理士試験合格。弁理士登録。
平成18年 特定侵害訴訟代理合格。 附記登録。
平成22年 鈴木国際特許事務所 入所。

<コメント>

 知的財産は活用してこそ真価を発揮します。そのためには、お客様と共に「活用できる良い権利」を創り続けることが弁理士の重要な役割の一つと考えています。しかしながら、せっかく「良い権利」を持っていても「活用」面では十分に生かしきれていないケースが多いとも感じられます。具体的にどうすれば良いのでしょうか。

 一つには、お客様の事業のあるべき姿を考えながら、起こりえる経営上の“場面”を想定し、知的財産を捉えていくことが必要です。更に、経営の視点から知的財産を見るためには、その知的財産を“価値評価”することも重要となります。そのためには、経営の視点からも知的財産を考える“力”が必要です。

 お客様と共に様々な“場面”を想定しながら“経営に資する”ための知的財産を創造し、“経営に資する”活用のお手伝いをいたします。

Copyright (C) SUZUKI &COMPANY All Rights Reserved.